教育理念

ごあいさつ

学校法人 産業教育事業団
マロニエ医療福祉専門学校

学校長 五十嵐トヨ子
(Toyoko Igarashi)

 本校は職業教育を通し、地域社会に貢献する人材の養成を目指して設立され、今年創立33周年を迎えました。これまでに各界で活躍する幾多の有為な人材を輩出し各職場・地域より高い評価を得ております。また、本校の教育では「創意」・「熱意」・「誠意」を校訓とし人間性・社会性の陶治を重視した職業人の育成を目指しております。さらには最先端の知識と実践的技術の習得、企業・地域社会との交流を積極的に行い、同時に職業人の再教育や社会人の受け入れなど生涯学習に対応する「開かれた学校」としてリカレント教育を古くから実践しております。そのような観点からも看護学科通信課程の実施は本校の社会的或いは歴史的使命そのものと考えております。人生100年の長寿社会の到来を見据え、チャンスを逃さず自分のキャリアアップを目指し挑戦してみませんか。在校生におきましては、職業・家庭との両立のもと看護師国家資格取得という念願成就に向け精力的かつ真摯に勉学に取り組まれております。
 本校は皆様がこれまで培われた貴重な実務経験を活かし、看護師国家資格取得ができる最高の環境が整備されていると自負しております。栃木県看護協会、茨城県看護協会、群馬県看護協会からも全力で皆様の進学に関して絶大なるご支援を頂いております。どうぞ安心してご決断をしてください。
 教職員一同皆様のご入学を心よりお待ちしております。

教育理念・教育目標

教育理念
人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解し、生命を尊び、人格を尊重できる人間性を養う。また、変化する社会の中で、看護に必要な専門的知識・技術を養い、専門職業人として自律した行動がとれ、豊かな人間関係を築くことができる力を育成する。さらに、自ら感性を磨き、教養を高める努力をする姿勢を身につけ、自己の看護観を養うことを目指す。
教育目標
  • 1.人間を全人的にとらえ、看護師としての責務を自覚し、倫理に基づいた看護実践ができる能力を養う。
  • 2.生命を尊び多様な価値観を理解して、人格を尊重した円滑な人間関係が構築できる能力を養う。
  • 3.科学的根拠に基づき、安全で計画的な看護実践ができる能力を養う。
  • 4.保健・医療・福祉におけるチームの一員として看護師の役割を認識し、他職種と協働・連携できる能力を養う。
  • 5.社会情勢の動向に目を向けグローバルな視野を持ち、多様なニーズに対応できる能力を養う。
  • 6.常に専門職業人として探究心を持ち、自己研鑽できる能力を養う。

学科の概要

2年課程(通信制)の看護学科。

准看護師免許を得た後、准看護師として業務経験が通算7年(84ヵ月)以上の方を対象に通信教育を基本とし、看護師国家試験受験資格の取得を目指すものです。本校の卒業に必要な単位数は65単位です。そのうち33単位を本校で、32単位を放送大学で履修します。

また、面接授業・単位認定試験はもちろん、病院等見学実習もお住まいの近隣の会場・施設で学習することができます。

准看護師から看護師へ。仲間とともに夢を実現する。

重要 2年課程(通信制)の入学要件として必要な准看護師としての就業経験年数が短縮され、10年以上(120ヶ月以上)から7年以上(84ヶ月以上)になりました。
※平成30年度より施行【保健師助産師看護師学校養成所指定規則改正(2016年8月22日付)】

学校法人マロニエ医療福祉専門学校は、医療・福祉の総合専門学校です。

福祉・医療のスペシャリストを輩出する専門学校

学校法人マロニエ医療福祉専門学校は、北関東地区に姉妹校である小山歯科衛生士専門学校を含めた2校6学科を擁しております。医療・福祉といった各界で活躍する幾多の有為な人材を輩出し、今年で創立33周年を迎えました。ノーマライゼーション(障害者と健常者とは、お互いが特別に区別されることなく、社会生活を共にするのが正常なことであり、本来の望ましい姿であるとする考え方)の実現を教育の主眼に掲げ、「医療・福祉のスペシャリスト」を養成し続けています。

  • 資料請求&説明会
  • 奨学金制度のご案内
  • 介護福祉士実務者研修通信課程
  • 社会福祉学科通信課程
  • マロニエ医療福祉専門学校
  • 小山歯科衛生士専門学校

お問い合わせ先

看護学科通信課程 入学案内室 TEL.0282-28-0020 《受付》平日9:00~17:00