資料請求 説明会

インタビュー

教員の声

人との和を大切にし、
話に耳を傾け尊重することが大切

指導歴 3年目
伊東 愛実

この学科の先生になった理由
看護学生の時にお世話になった先生に勧められ、まずは添削教員から始めました。
添削教員として学生や教員の皆さんと関わる中で、直接学生と会って指導をし素敵な看護師になって欲しいと思うようになり、先生方の力を借りて、この学科の教員となりました。
指導時あるいは学生と接する際に大切にしていること
”人との和を大切にすること”
話に耳を傾け、尊重できるように気をつけています。
学生とのエピソードのなかで、一番嬉しかったことあるいは幸せを感じたこと
・紙上事例を展開する中で、悩んでいた学生がいました。
 その学生が「分かった!」と理解することができた時、一緒にやって良かったと思います。
・卒業式でみんな笑って泣いて卒業していく姿を見ると幸せを感じます。
先生視点で思うマロニエの良さ(他校ではなかなか真似できないマロニエの強み)
・一人一人の先生が、学生に向き合っている所です。
 どの先生も熱心で学生のことを一番に考えていると思います。
・学生同士も仲良く、それもマロニエの良さだと思います。
看護通信課程で学ぶことについてまだ迷っている人に対して、背中を押す一言をどうぞ
家庭や仕事で忙しく、学習出来るか不安もあるかと思います。
私自身も、仕事に子育てに勉強に・・・と四苦八苦した時もありました。
ですが、やりたいと思った時にやらないと、タイミングを逃してしまいます。
看護師になるために教職員全員で協力し、バックアップします!
ここで出来た仲間も、あなたの力となり一生ものになると思います。
一緒に看護師目指しましょう!!

一覧へ戻る