マロニエ医療福祉専門学校 小山歯科衛生士専門学校

トップページお問い合わせ・資料請求プライバシーポリシー

メニュー

【助産学科】
卒業生の里帰り企画 「Home coming day」 を実施しました。

助産学科では、6月23日(金)に、卒業生の里帰り企画として「Home coming day」を実施しました。卒業生10名が学校に里帰りし、楽しい時間を過ごしました。
 
【プログラム】
 ・卒業生自己紹介
 ・第3期生自己紹介、目標への到達度発表(1分間スピーチ)
 ・懇談
 ・卒業生から励ましの言葉
 ・第3期生からお礼の言葉

 
 
 第3期生は現在、7月から開始となる臨地実習に向けて、講義・演習共に佳境を迎え、充実した中にも、不安を抱えており、卒業生に直接会って質問できるのを心待ちにしていました。当日会ってみて、助産師として臨床で本物の対象者に助産を実践している卒業生の姿は、キラキラとまぶしく映ったようでした。
 
 卒業生は、助産学科の学び舎を懐かしんでくれて、自分の学生時代を思い出しながら、第3期生にあたたかな励ましの言葉をプレゼントしてくれました。学生時代の学びは基本で、今しっかりと学ぶ大切さを多くの卒業生が話し、第3期生も「夢を叶えるためには頑張るしかない」と覚悟を決めたようでした。
 
交流の時間がもっと欲しかったという声も多くあり、次回からのプログラムに活かして行きたいと考えています。
 
今回参加してくれた卒業生の皆さん、忙しい中、本当にありがとうございました。
これからも、母校と後輩の成長を支え続けてくださいね。
教員も、卒業生の里帰りを心から楽しみにしています。「会える」と思うと、思わず笑顔になってしまうのです。
次回も、たくさんの卒業生に会えることを楽しみにしています。
 
 
 
◆◇「Home coming day」 に参加した第3期生の感想をご紹介します!◇◆
 
・ついこの間まで学生だったとは思えないステキな先輩たちでした。今の私たちを応援しようとしてくれているのがわかり、すごくありがたく、うれしく思いました。こんなに守られ、支えてもらっていることを忘れずに、今できることを頑張ろうと思いました。
 
・実習に対して、先輩方から実体験を踏まえたアドバイスをいただくことができ、少し前向きになれた。(実習では)緊張でガチガチになることのないよう、周りの人に助けてもらいながら進んで行こうと思った。就職に関してもアドバイスをいただけ、貴重な時間となった。
 
・今自分たちが抱いている不安や悩みは、先輩たちもこの時期同じように経験していたことがわかり、その先輩たちが今生き生きと助産師として働いていることがとても励みになった。また、みんなが先輩方に質問している姿を見て、悩んでいるのは自分だけじゃない、みんなと一緒に頑張ろう、という気持ちになった。
 
・卒業生のお話を聞くことができて本当によかったです。テストや実習が迫っていますが、今やるべきことに一生懸命取り組みたいと思います。来年第4期生に向けて、「Home coming day」で話す機会が訪れること夢見て頑張ります。
 
・先輩の姿を見て、やっぱり助産師になりたいと思った。そして早く臨床に立ちたいと思った。話を聞くことでとても勇気づけられた。
 
・「今日があって良かった」というのが率直な感想です。目の前の重圧ばかりに気を取られて視野が狭くなっていましたが目指すべき姿(=先輩)を見て、自分の夢をまた強く感じることができました。
 
・先輩方がおっしゃっていたように、困った時や窮地に陥った時には友人や、先生方に相談して乗り越えたいと思う。
 
・先輩方のリアルな声を聞かせていただき、「ああ、私はもっともっと頑張らなきゃいけないな」と気を引き締めました。ある意味で不安も増しましたが、良い緊張感となったと思います。疑問を聞いてもらったことで、今自分に何が足りないのかを考えるきっかけとなりました。次回も楽しみです。
 
・今まで頑張っていたつもりだったんだと気づかされた。「実際の分娩介助では学内での試験以上に頭が真っ白になる」と何人もの方が言っていて、日々の練習の大切さを実感した。
 
・私たちが今向き合っているすべてを経験している先輩方の言葉だからこそ、素直に心に響きました。
 
・先輩の話を聞いて、本当に励みになりました。自分も絶対できるんだ!!という気持ちにしてもらえました。
 
 
 
 
 
 
◆◇【助産学科】過去のトピックスはこちら◇◆
・【助産学科】第3期生が入学して2ヶ月になります。(17.05.25)
・卒業生の里帰り企画 「Home coming day」を実施しました。(17.02.16)
・「助産雑誌」に助産学科の学校紹介が掲載されました。(17.01.31)
・看護学生・助産学生交流会「教えて!先輩」を実施しました。 (17.01.12)
・卒業生の里帰り企画 「Home coming day」 を実施しました。(16.11.11)
・学生支援の一つである「ポートフォリオを用いた目標管理」についてご紹介いたします。(16.10.14)
・厚生労働省による「専門実践教育訓練給付金」対象講座に指定されました。(16.09.07)
・うづま祭において、健康教育の公開講座を実施しました。(16.08.03)
・『うづま祭』では公開講座を実施します!(16.07.07)
・助産学科の第2期生は、入学してから3カ月が経過しました!現在の学生達の声をお届けします!(16.06.024)

  • 一覧に戻る

© 2004 MARONIE COLLEGE OF HEALTH & WELFARE SCIENCES · OYAMA DENTAL HYGIENIST , All rights reserved.

ポップアップウインドウがブロックされる場合は、一時的に許可または、ブラウザの「許可するWebサイトのアドレス」にアドレスを追加の上、ご覧ください。